スクワットにはオマールエビテリーヌソテーを
2014-05-16 Fri 10:15
老齢期は暇が資産ともいえるのですから、老人が暇を持て余すのはやるせない。

することがないのはすぐに分かりました。
市のトレーニング室を利用したあと、汗をながした市の浴室は、トレーニングとは無縁の老人のたまり場でした。
100円の風呂賃ですから、我慢しなくてはいけませんが、十数個のぺったんお尻をみるのはいとわしいものです。

それは大型スーバーのベンチで日がな時間をつぶしている老人のようで、冷暖房もトレイレットペーパーも安上がりというわけでしょうか。

以前に何度か書きましたが、「加齢にしたがって、筋トレは疲労感との戦い」になります。
66の老人ですが、「マイク・メンツァーの夢」は忘れていません。
バーベル・スクワットは僕の一番好きな、最高の快楽です。

ですが、確実に疲労感で打ちのめされます。
数分の快楽と引き換えに、疲労感は数日体を押さえつけてきます。
エクササイズの方法を劣化させトレーニングをつづけていけばいいのですが、バーベルは格別なのです。

夕方、疲れた体をいやしてくれるのは日本酒と料理です。
オダサガ駅近の魚酔亭(ごようてい)。
創作料理が気に入ってます。

うせたはずの食欲がよみがえってきます。
「オマールエビテリーヌソテーとアメリケーヌソース」

1
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<集団的自衛権の記録と記憶 | 三保小次郎日誌 | バイバイバイシクル>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |