バイバイバイシクル
2014-05-14 Wed 10:36
それはパラダイムシフトだった。
個人的なことなのに大げさな表現だ?
そうかもしれないが、ぼくの生活観を決定的に変えたのだから、パラダイムシフトだ。

ぼくのパラダイムシフトは自転車を捨てたこと。
この便利なツールを手ばなしただけだ。
なのに、ぼくは多くの場面で自由になった事を感じている。

それは十年も前にさかのぼる。
歩くしかなくなった。
どこへ行くにも歩く。

そして肉体が変わった。
どう変わったか?
歩くのが苦にならならなくなった。

一駅先の相模大野、町田へ歩く。

その程度のことなんだが、歩くのがイヤでない体になった。

たいしたことじゃない。

どこへ行くにも電車が多くなった。
駅を降り街歩きを始めるのにタイムラグはない。
即刻街を歩き、周囲を呼吸する。

歩かないときできないことをたくさんみつけた。

それだけだ。
歩くためには歩かない。
ウォーキングには反対だ。

結果ウォーキングの効果が得られるのがのぞましい。
まだ自動車は捨てていないが、乗り回しているのは息子たちだ。
歩く本能をとりもどしただけだから、パラダイムシフトではないのだろうか。

1
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<スクワットにはオマールエビテリーヌソテーを | 三保小次郎日誌 | 日本の国家破産までゆうよは10年>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |