除染は戯論(けろん)
2014-03-27 Thu 18:19
除染とは戯論(けろん)だ。

それは移染である。

80種類程度あるとされる原子炉の核分裂生成物はその半減期によって数秒から二十万年をこえる長期にわたって土地を汚染する。
半減期の来ない核分裂生成物は毒性をのぞけない。
それを臆面もなく、除染と言いつのっている。

右から左へ移動する移染は中間貯蔵と命名され、持って行き場がないのだから、中間は最終と同意だ。

三年待ったというべきか。
三年待たされたというか。
仮設住宅がある。

自ら仮設住宅を出る。
汚染した故郷を捨てる。
自らそこを出て、新たな生活、人生を求めた人々のことは伝わってこない。

仮設の人生を生かされることを拒否した人々がいるはずである。

ここでも復興、復旧という戯論がまかり通る。

言葉で現実をすり替え、戯論を正論のようにふりかざすのはやめにしよう。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<はけないズボン、袴田元死刑囚即日解放 | 三保小次郎日誌 | 中韓への反感、わらのような可燃性の民意が積み上がって>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |