スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
大師詣でと仏教徒
2014-01-24 Fri 15:48
幼少の頃は川崎大師に初詣した。
南蒲田(現在は東蒲田)にすんでいたから近場だ。
両親に連れていかれたのだろうが、姿は思い浮かばない。

行った記憶だけ残っている。

毎年どこかには初詣でするが、どこと決まっていない。
毎年行きたいところへ行く。
お札、お守りの類いはいただかないから、返納することもない。

おとずれた神社で暦は求める。

まったくの不信心ではない。
神仏を敬う心はある。
が、じつのところ神仏のことはまったく分からない。

分からなくいい。

今年は、穴守稲荷で下車し、食通ゆたかで穴子天重とはぜ天麩羅を食してから、羽田神社を詣でた。
ついで大師橋をわたる。
川崎大師で久寿餅を買い、籠谷で飲んだ。

七草前で混雑していた。
整列した人ごみから若者の会話が聞こえてきた。

「かしわ手うつのかね。二礼二柏一礼ダよね。」
「お大師様は神社じゃねえよ。」
「神社じゃないの?」

落語みたいな会話だが、本当のことだ。

後日、BSで『天地明察』を観た。
江戸時代前期、貞観4年(862年)に唐よりもたらされた宣明暦(せんみょうれき)には、2日の誤差が生じていた。
これを正そうとした男(天文学者・渋川春海(しぶかわはるみ))の話しだ。

同じ頃唐から空海によってもたらされたのが真言密教。
『旧唐書』倭国・日本伝には、「貞元二十年(八〇四年)、遣いを使わして来朝し、学生橘逸勢、学問僧空海を留めた。」とある。
同時期である。

が、これを正そうなどと思う者はいない。
暦は科学的に正された。
宗教はいかに正されるか知らない。

僕は仏教徒だと思っている。

葬式は要らない。
墓も必要と思わない。
あの世、天国地獄から帰って経験を語る者はいないのだから、分からない。

経験主義、不可知論の立場で生きてきた。

密教のこと、大乗仏教のことは皆目わからない。
難しくて理解できない。
なのになぜ仏教徒というか。

仏陀は埋葬するのも否定したと伝えられている。
僕の考えと大きく違っていない。
それで僕も仏教徒だと称している。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 生老病死 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<まぶしく見えた四人のジャンパー | 三保小次郎日誌 | 果物にはみそ汁>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。