アベノミクスは富者のゲーム
2014-01-03 Fri 08:10
二日、三日と香港市場はあいた。
ネット証券は動いている。
初相場。

ASEAN十ヵ国の一国、インデックスETF千株買い。

正月から相場を張るやつがいる。
相場を張らない者がいる。
そもそも相場の前に、預金(余裕)すら持てない者がいる。

アベノミクスは最前者に禍福をもたらすだろう。
残る二者には無関係だ。
政策そのものが不平等を前提としている。

相場を張れば「禍福は糾える縄の如し」
運否天賦、勝った負けた。
勝負事だ。

他方、はじめから参加資格なし。
負けることも勝つこともないノーチャンス。

つまりはアベノミクス・ゲームは参加者が限られた富者のゲームということ。

アベノミクスは、日銀が膨らましたマネーを富者が短期で取り合うマネーゲーム。

長期でみれば日本の衰退ははっきりしている。
人口が減り、一千兆円を超える借金が積み上がり、経常収支は日に日に悪化する。
アベノミクスを信じているのは、裸の王様パラノイヤ安倍。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<次男の独立 | 三保小次郎日誌 | シンプルの定義>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |