吸いたい吸いたい欲求不満の紫煙がもくもくだ
2013-12-23 Mon 14:06
もらいタバコがおいしい。

ショートピースだった。

約三ヶ月はまっている。
すぐにやめるつもりが、ニコチン欠乏の自覚症状から抜け出すのはきつそうだ。
まだ精神作用性薬物(psychoactive drug)依存の引力から抜け出したとはいえない。

居酒屋ですいはじめたものだから気がつかなかった。

十数年ぶりの喫煙経験だ。
三ヶ月におよぶ「喫煙実験」でほくが知ったことは、喫煙場所が社会的に制限されていたことだ。
この事は僕にとって喫煙の強い動機にもなった。

伊豆急に乗った。
どうにもがまんができず、トイレに駆け込んだ。
警告が書かれていて、すえない。

コンビニの前、町田駅広場の喫煙たまり場一角、ニューヨーカー奥のトイレから出た路地の喫煙所・・・。

携帯灰皿をもって路上タバコが一番開放的だった。
十数年前すっていたのがショートホープ。
今回はもっぱらアメリカンスピリットのイエロー。

長いこと感じてこなかった、はげしい欲求不満。
29〜44歳、51歳〜65歳。
三度目の禁煙になるが、今回はきつそうだ。

書いたらまぎれると思ったが、かえって欲求不満を助長したようだ。

吸いたい。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<おにぎり | 三保小次郎日誌 | 自由になりたくて拘束される>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |