外国人投資家の儲けは倍返し
2013-12-05 Thu 09:44
日経が上がってどれだけの投資家がもうかっているのか、疑問だ。

日本株を円資産でもっている、あるいは持たざるをえない日本人投資家は、円安で二割以上減価している。
円安が進むほど、国富が細っていく。
日経平均の上昇分をまるまる儲けることはできないだろうから、ざっくり20%以上儲けていないとチャラにもならない。

アベノミクス相場は空箱。
上げ底の空洞に実りはつまってはいない。
円安、その反対のドル高で外国人投資家の儲けは倍返しの恩恵を受けている。

外国人投資家が売り逃げた後の相場を想像してみる。
何が残るのか。
国富は持ち逃げされる。

日本株は買い上げが終えんし、1989年につけたピークから、さらに長期低落をたどるのだろう。
円安が定着し、国富はさらに目減りして行く。
シナリオが見えてしまうと、舞台を見る気がしなくなる。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<資産三分法の優位性 | 三保小次郎日誌 | 上げ相場のこと>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |