スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
男子校の同窓会
2013-11-24 Sun 10:35
男子校の同窓会はときめかない。

不釣り合いな二子玉の居酒屋は行儀がよすぎたし、いつしか自分が全面鏡張りの部屋にいる気がしてくる。

病気の話しなど聞きたくはないが、必須科目だ。
仕方ないことだ。
ひたすら自分が老人であることを自覚する、閉塞した穴に入り込んで行く。

Oが右半身マヒで川崎の病院で臥せっていると、万年幹事のYから聞く。
Oとは昨年の暮れ、蒲田駅西口の喜来楽(シライル)で飲んだ。
最初で最後になった。

彼から若いころの作品の載った同人誌『誘蛾燈』4、5号をもらった。

見舞いに行きたくはない。
顔も見たくない。
あいつだって見られたくはないだろう。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 生老病死 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<今日から年末休暇にした | 三保小次郎日誌 | パラレルキャリア(第二の仕事)としてのトレーディング>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。