野の和三盆、あけび
2013-11-09 Sat 16:43
飲み友達の丸さんから通草(あけび)をもらいました。
食したことはありません。
楕円の果実は熟すと縦に割れるそうです。

1

黒々とした種がぎっしりとつまり、見た目おいしそうには思えません。
果肉といえば、ジェルのような透明のネバネバがわずか種にへばりついているだけです。
食べない手はありません、スプーンで種をすくって口にしました。

野の和三盆といった風情で、ほんのりと甘みが舌に残ります。

山に登り通草を見つけ、口にした味わいはまた格別なんでしょう。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<コンバージェンスとダイバージェンス | 三保小次郎日誌 | 使用済み核燃料1331体取り出し作業メモ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |