クーロンの法則と無限電気力
2013-11-06 Wed 15:22
ハナミズキが染まった。
近所から野菜が届いた。
秋深まった。

1

マイケル・ギレン『現代数学が見えてくる』は読みごたえがある。
毎日リンゴを食べるように、一章ずつかじる。
第5章「ブラックホールの回転花火」にクーロンの法則が出てきた。

2

中学で習ったのだろうか。

クーロンの法則

ギレンはこういう。

“だから、もしその距離を無限に小さくすれば、電気力は無限に大きくなるはずで、距離ゼロのときの大きさは、数学的無限の具体例ともいえるわけである。さらに、この無限は宇宙のように無限の広がりをもつのではなく、ただ一点に閉じ込められている。その意味で電子は、確かに局所化された、つまり限定された場所に現れた無限であるといえよう。”

この一節を中学の教室できいていたら、その後の人生は変わっていたかもしれない。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<使用済み核燃料1331体取り出し作業メモ | 三保小次郎日誌 | 空売り規制が解かれ、マーケットの本音が吹き出す>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |