スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
空売り規制が解かれ、マーケットの本音が吹き出す
2013-11-05 Tue 07:23
江戸元禄期、全国の耕作面積は三百万町歩に達し、人口も三千万で定常します。
化石燃料が途絶えたとき、この国の限界を示しています。
オイルショックそして今回の3.11は、化石燃料浪費文明のピークと限界を警告したのですが、恐れは長続きしません。

忘れっぽい性格は前々からです。
たびたびおそった大火に江戸っ子はたじろいだ様子を見せません。
大火のたびに紙の家を証拠にもなく再建したのですから。

限界の存在することを心から敬い、おそれる者もいれば、人の欲望が作り出す人工的でしかないマーケットの浮き沈みに賭ける者もいます。

前者でもあり、後者でもある僕のような者がいうのは、口はばったいのですが、あさましいからおもしろいのです。

連休明け日経は朝からかしましく、上げ上げムードを盛り上げています。
「上場企業6割が増収増益 リストラ一巡、成長へ」
「米企業収益底堅く 主要500社4%増益」

で、見たところ、前の高値14,900近辺を上限にうろうろしている日経平均。

バブルでしか成長を望めなくなった先進国の深い病いを眺めながら、今日も相場を楽しもうと思います。
9時になれば日出ずる国から相場がスタートします。
西回りで、各国の市場が拓いていきます。

今日から空売り規制が解かれます。
売っても買ってもよろしいと正常化。
市場の本当の姿が見えてきそうです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<クーロンの法則と無限電気力 | 三保小次郎日誌 | プランは余剰、余録を産み出す>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。