スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
相場にただようイヤな感じ
2013-11-02 Sat 16:42
今の相場はどうか?

ひと言でいえばイヤな感じ。

欧州のニュースからPIIGSの文字が消え、まるでポルトガル(Portugal)、アイルランド(Ireland)、イタリア(Italy)、ギリシャ(Greece)、スペイン(Spain)のソブリン危機が解消された?と錯覚しそうになる。
一千兆に積み上がった日本国家債務はびた一文も減ってはいない。
米国はFRBの人工呼吸器(QE3)につながれたまま、やっと息をついている。

なのに聞こえてくるのは、正反対の情報。

これがイヤな感じ、不快の元凶である。

問題は何も変わっていない。
何一つ解決できていない。

ノンポジションから、先週ハンセン指数のETFを買ってみた。
相場を感じるための観測気球。
で、いよいよイヤな感じが強まった。

ほぼノンポジだから、気楽に相場を眺められる。
感じることができる。
11月は様子見したいと思っている。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<プランは余剰、余録を産み出す | 三保小次郎日誌 | 日本国憲法第4条メモ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。