スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
サボるはワルの味
2013-10-31 Thu 07:44
(人生で)一番魅惑的な行いはサボることだ。

平日、小銭入れをポッケに映画館に入る。
ランチする。
街を歩きまわる。

夕方の立ち飲み屋でひっかける。

ワルを学んだのは主婦からだ。
昼間の劇場、レストラン、イベント会場どこも女ばかりだった。
自営になった32のとき、好きな時に本屋にいける楽しみを知ったが、かわいいものだ。

1980年代に入ったばかりのころだ。

男は数えるほどもいない。

まして若い男はいぶかしげな目で見られる始末だった。
一部の主婦だろうが、昼間を気ままにもてあそんでいた。
あさましく、うらやましい身分だと思った。

バブル絶頂期は10年後におとずれたが、彼女たちは時代に先駆け、ビールの泡のような大人の苦みをのどにながしこんでいた。

自由な時間を手に入れた者のおごりで輝いていた。
あきれはしなかった。
むしろ学ぶべきことがあった。

僕といえば余裕がなく、こじゃれたレストランに入るわけでもなかったし、豪勢な買物とも無縁だった。

ひたすら自由な時間のなか、裕福ではなかったが、満ち足りていた。

独立自営の経営者(自営者)は、チェーン店に破れ、街から消えようとしている。
自営のよさもいっしょに失われるのだろうか。
ひと言でいえば、仕事が生活のリズムを強要しない時間自由民。

いまの生活と引き換えにできものは何もない。

金がなければないなりに、あればあったで楽しめる。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 進歩のいらないライフスタイル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<日本国憲法第4条メモ | 三保小次郎日誌 | リッツ・カールトン・ラグナ・ニゲル>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。