スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
不思議な国の、総延長370kmの防潮堤復興計画
2013-08-05 Mon 16:21
松島町は幸いでした。
3.11の津波による被害がほとんどありませんでした。
小さな島が多く点在し、津波の威力をそいだと云われています。

ところが、松島町の震災復興計画案によれば、沿岸部には「T.P.+2.1m」の堤防がめぐらされるそうです。
T.P.とは、東京湾平均海面(Tokyo Peil:T.P.)のことです。
なぜ、防潮堤の計画高が「T.P.+2.1m」か分かりませんが、次の理由をあげています。

“安全性の確保を前提に、国内外から多くの観光客が訪れる観光地としての役割や、日本三景「松島」の景観保持の観点、海の眺望景観を重視する地 域ニーズを踏まえ、関係機関との協議を行い、防潮堤の整備を図ります。”
松島町震災復興計画から

松島町だけでなく、東北の太平洋沿岸は高さ10m前後の防潮堤、総延長370kmでおおわれる「復興計画」が進んでいます。

ぼくには、この国が理解不能の不思議な国になろうとしているように感じるのです。

特集 このままでいいのか !? 防潮堤計画

特集ワイド:東日本大震災 巨大防潮堤、被災地に続々計画 本音は「反対」だが…復興が「人質」に 口閉ざす住民
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<花言葉 | 三保小次郎日誌 | 帝国の片隅で>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。