スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
若生ひとみさんの作品ー背景としてのリビングー
2013-08-02 Fri 09:12
七夕の巡り合わせで、若生ひとみさんの作品をいただきました。
リビングの一角にかけました。

1

リビングはあわいピンクの壁です。
赤くやけた米松の表面に鋸目(のこめ)をいれ、こまかくたった無数の毛状に白い塗料を浸透させます。
赤色を覆い、野暮ったさが洗練され、静ひつなピンクが現れます。

若生ひとみさんの作品はリビングとすぐに一体化しましたね。
一瞬でとけ込み、とても気に入っています。

アーティストが世に出るのは困難がともないますが、がんばってください。

2

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 進歩のいらないライフスタイル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<帝国の片隅で | 三保小次郎日誌 | 『スティックはオレンジ色―あるニューハーフの恋―』>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。