スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
バランスの崩れは、体をチェックするチャンス
2013-07-15 Mon 14:01
体のバランスが崩れた。
さいしょに消化器系の調子がわるくなった。
歩きが足らなくなったためと考えていたが、記録をみると落ちていない。

食事の量をきょくりょく減らすようにした。
それに応じて、徐々に調子が整ってきたように思う。

眠りも浅くなった。
180分、90分で途切れる。
目があいても、脳の芯に眠気を感じるときは、そのまま浅い眠りを繰り返している。

眠くなったら時間を選ばず寝ることにした。
満足できる眠りではないが、そこしずつ回復している。

年末から正月にかけ増えた体重が落ちていない。
一度落とせばよかったが、手を抜いた。
ようは食べ過ぎ、量を自覚してコントロールするしかない。

トレーニング量は変わっていないが、マンネリ化していた。

すこし手を入れることにした。

まっさきに自分の一番自信のあるカーフレイズ(ふくらはぎのエクササイズ)の可動域を拡げるため、台を使ってみた。
段差がつくから、かかとをギリギリまで下げることができる。
いつもより30%ほど少ない40レップ、5セット。

翌日、 ヒラメ筋がぱんぱんに張った。
筋肉痛は数日つづいた。

マンネリ化したエクササイズで体が鈍ったようだ。
エクササイズが刺激になっていない。
疲労を残すまいと考えたのだが、難しいものだ。

65歳の体がどんなものか、バランスを崩してかえってチェック機能が効いたように思う。
65に限らず、いつだってその先がつづくがぎりは初体験ゾーンだ。
実験し、体験をチェックし、試行錯誤していくしかないだろう。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ストップ安になったV株、株主優待が救い | 三保小次郎日誌 | 原発、プルトニウム、潜在的核保有>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。