うまく立ち回ってもバブル崩壊は地震といっしょで突然来ます
2013-05-09 Thu 19:46
時事通信の記事のとおり、世界中が株高にわいています。
日本株だけではありません。
「7日にニューヨーク株式市場では、米国の代表的な株価指数のダウ工業株30種平均が終値で初めて1万5000ドルの大台に乗せ、ドイツ株式主要30銘柄指数(DAX)も一時、史上最高値を更新。」
“世界同時株高、鮮明に=米独が史上最高値-「緩和マネー」衰えず”

さて、下にかかげた「世界主要銀行金利表」には一ヶ所誤りがあります。
どこの国の金利に誤りがあるか分かりますか?

1

答えは韓国です。

韓国中銀、政策金利を25bp引き下げ2.50%に 予想は据え置き

金利表を眺めていると、黒田日銀が打ち出した「異次元の金融緩和」もかすんできます。
世界中が「異次元の金融緩和」のオンパレードです。
バブルを起こすしか成長できなくなった資本主義システムは、ジャブジャブによってしか延命できなくなっているのです。

うまく立ち回ってもバブル崩壊は突然来ますから、地震といっしょで予測できません。

アベノミックスで日本の崩壊は早まるでしょう。
国民は自分たちが選択し、支持した政権とともにナラクへ落ちるのですが、弱いものが一番の犠牲になることは不変の法則のようです。

大変な時代にさしかかりました。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<能登のタケノコ | 三保小次郎日誌 | アオジの時>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |