スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
日記とブログ空間は違うもの
2013-04-03 Wed 11:49
楽しみは一つでも多い方がいい。
手放したくはない。
とくに自分が老いの道を歩きはじめてからは強くそう思うようになった。

ブログは自分のために書く。
とくにむずかしいことを書くことがある。
それは自分のため、難しいことをそしゃくするには、書いてみるしかないからだ。

知らないといって即座に縁を切るよりは、少々難渋でも調べ研究してみて、自分なりの見解を持ちたいと思っている。

日記とは違う。

私事にまつわる自分の感情というデータはおもてにできない。

忘れないように書き留めるメモともちがう。
テーマを意識しているからだ。
「人生を真に楽しむために何をすればよいか考え実践する記録」

歳(人生)を意識するのは、生老病死の時間軸を生きるているからだ。

65歳の今感じ、考え、悩むことを書きとめる。
自分がどう生きていくのか、生きてきたのか、その一端を振り返るよすがになることだろう。
自分にとってなにを問題と感じてきたのか、そのことが大事だと思っている。

日記とは違った、ブログ空間を持てていることは幸せだ。

以前は読んでもらいたいという気持ちが強く残っていた。
それが、ブログというツールを自分仕様の方向へ成長させていくことを妨げた。
ブログは日記とは違った次元で自由な位置を占めはじめている。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 生老病死 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<黒田日銀総裁の「期待」ーモノが安くなる物価期待を逆転するー | 三保小次郎日誌 | 自営に定年はないし、多少の社会貢献もできそうだ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。