スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
伝えないことは忘却、フクシマ&阪神・淡路大震災
2013-03-02 Sat 17:11
東京新聞は「福島原発の一週間 」を連載している。

2011年5月11日に始まる。
“レベル7 第一部 福島原発の一週間 1
「決死隊」被ばく
危機一髪--設計限度超えた圧力 首相「排気、手動でいい」”

いつか伝えなくなった。
記憶と記録が遠のけば、伝えないことが免責される?かのように。
フクシマが消えてしまう。

朝日をやめ、東京新聞にした。

*クリツクで拡大
1
出典=東京新聞「福島原発の一週間」(二月二十三日〜三月一日)

もう18年前になる。
阪神・淡路大震災[1995年(平成7年)1月17日(火)]
建築にたずさわる者として、忘れることはできない。

今という時点を起点に、この18年を未来に折り返してみた。

その時ぼくはもういないだろう。

だからせめて忘れてならないことは死がすべてを帳消しにするまで忘れてはならない。

2

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<緑ヶ丘分譲住宅動画 | 三保小次郎日誌 | スケジュールには予めバッファを40%増しておく>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。