2013年2月23日(土)24日(日)座間市緑ヶ丘で住宅内覧会を開催、自由参加
2013-02-18 Mon 09:30
実物を見るまで分からない。

多くのお施主さんの本音でしょう。

設計者は自分の意図を伝えるため、パースを描き、模型をつくります。
が、施主と建築家のミゾは完成の日まで埋まることはないようです。
双方にのこるであろう不満や不安は解消されないのでしょうか。

そんななか、デザイナーズ・マンションを受け入れるユーザーが増えてきたのは心強いものがあります。

お施主さんはみずからの感性と近いものをそこに見出すからです。

さて、建て売りのマーケットの現状はさらに遅れています。
金太郎アメのような戸建てばかりが建てられているからです。
そんななかデザイナーズ分譲住宅というコンセプトは無茶な試みでしょうか。

資金を準備し、土地を購入し、約一年がかりで完成しました。
「緑ヶ丘分譲住宅」です。
内覧会を開きますので、興味のあるブログ読者は見学に来てください。

[日時]
・2013年2月23日(土)、24日(日)
・10時〜16時

[場所]座間市緑ヶ丘三丁目6-21


1


内覧会招待状
ー中庭のある住いを持つことで実現できるライフスタイルー


 この住宅のポイントは二つです。
1.道路に面した南をふさいでいます。そうしないと、南が開放できないからです。
 へんな話しですが、本当です。実物で、プランの肝「中庭」を見てください。
 住いの明るさや広さは実際の坪数だけでなく、プランでちがってきます。

2.小さな家にこだわっています。ぜい肉を削ぎ落とすと、住いがコンパクトにまとまって、かえってシンプルな生活が手にはいります。二つ目の提案はコンパクト住宅です。
 必要を超えた大きな器のなかでは、かえって生活が乱れます。

 この二つを実現すると、ライフスタイルががらっと変わります。

緑ヶ丘分譲住宅〈住いを考える資料〉*クリックで拡大します

2

3

4


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<童女たわむれ | 三保小次郎日誌 | かにが沢公園の梅>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |