スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
三連休のあくびー版画、フォッカチオ、そばがき、京都旅行ー
2013-02-11 Mon 08:04
連休の日々はなぜかスカスカです。
所在なく、時間ばかりがすぎていきます。
町田の大型書店をまわるのが日頃の楽しみですが、気分がのりません。

芹ヶ谷公園は住宅に囲まれてあります。

連休の初日、町田駅南口から歩きました。
住宅地を入り込むと、どこか邸宅のような入口。
南口アプローチは初めての体験です。

階段を下ると、右手に町田市国際版画美術館

シリーズ現代の作家は「畦地梅太郎の世界」です。

しっかりウォーキングになったようです。
小腹がすいて、駅前にもどりサイゼリア。
プロシュートについてきたフォッカチオがモチモチでトリコになりました。

日曜はいっそう空虚な時間が流れていきます。

まだ真澄が残っていたので湯豆腐でやろうと思い立ちました。
だし汁をつくりました。
ついでに、そばがきも。

友人に食べさせたいので半ば試作です。

今日は何しようか。
オダザガの飲み屋で「年金グループ」と呼ばれている仲間と、京都旅行の相談をしたいと思います。
春を思うと心も溶けていきますから。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<人生は複利計算で考える | 三保小次郎日誌 | 箱根萬岳楼 山之内尚「如月献立」>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。