ヨーグルト愛好家はノロにかかりにくい?
2013-01-26 Sat 13:05
ノロで家族が次々とダウンした。

洗面器やビニール袋で対処したが、おう吐はすさまじかった。
あわ立った胃液しか出ないのに吐き気がおさまらない。
妻はとくに状態がきびしく、救急車をよび病院で点滴の措置をしてもらった。

頑強なはずの二人の息子もおう吐と下痢で寝込んだ。

次男のダウンから今日で九日目になる。
そのうち自分も思っていたが、発症しない。
家族のおう吐をしり目に一人ケロッとしている。

が、家族の「評判」はかんばしくない。

1

便器に顔をつっこんで吐いている。
父親はひとりのうのうと食事をしている。
三人の視線がきびしい。

ノロにかかった次男はビフィズス菌や、整腸剤を医師から処方された。
次男の処方からまったくの憶測(おくそく)をめぐらした。
ここから書くことは勝手な思い込みだが、参考にはなるだろう。

家族の看病を無防備にしてきた。
感染しているはずである。
なのに発症しない。

家族のなかで明治ブルガリアヨーグルト(LB81乳酸菌)の愛好者は僕だけだ。
毎日かかさず食べている。
食べはじめたら腸のぐあいがよかったので、つづけるようになった。


まだ吐き気も下痢もない。


関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<市場は好転したが、リスクにすくんで腰が引ける | 三保小次郎日誌 | 底流があるから政策(アベノミックス)が効く>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |