びくワラジねずみ取り竹ぼうき
2013-01-20 Sun 14:29
豊田屋の店頭にぶら下がっているのは、見おぼえはあるが生活から消えた民芸品。
享保13年(1728年)創業もいかめしい茶加藤。
五千の足型データから、シューフィッターが足の健康をきわめる靴のヨリズミ。

伊勢原大神宮へ直行する中央通りにならぶ商店は地味だがおもしろい。

1

2

今日はわざと大山をはずした。
参道をのぼらず、ケーブルカーにものらず、平坦な道を十分ほど歩いた。
江戸時代初期の元和年間(1615~1624)に創建された神社とともに形成された町並み。

四時過ぎには一杯引っ掛けた。
濃厚な大山豆腐、季節野菜の甘さを引き出す炭火炙り、伊勢原の玉子のふんわり厚焼き・・・。
地ものにこだわった一徹な調理人の店GEN。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<ノロウイルスで一家ダウン | 三保小次郎日誌 | 血液検査の時系列データと健康管理>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |