スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
いざ見つからない携帯、財布、手帳の瞬間発見法
2012-12-10 Mon 16:54
現物が届いていません。
iMacも、iPad miniも、「iPad miniが収納できるカスタムショルダー」も。
本体より先きに、Apple USB SuperDrive、iPad mini用スマートレザーケース、タッチペンが届いて宙に浮いています。

それで、出来ることは思考実験だけです。

シミュレーションってやつです。

カスタムショルダーは、外寸で横巾が240mm、高さ180mm、襠80mm。
現在愛用している手作りバックがほぼ同形です。
レザーケースを当ててました。

1

ドンピシャです。
安心はしましたがシミュレーションと言えるほどのことではありません。
けれどあれこれ考えた末の新発見はまさしくコロンブスのタマゴ。

折り畳みできるので便利なバックでしたが、半面区画がないので詰め込むだけで取り出すのが一苦労です。

いざ外出です。

「財布がない」
「携帯が見つからないから、呼び出してみよう」
「手帳はどこいった」

毎回くり返していています。

2

「小物をバックに入れてままにしておこう。」
これだけのことです。
朝になったら、このバックを持って出ればいいのですから。

「iPad miniが収納できるカスタムショルダー」には、いつも見つからない小物たちを分納できます。

上記以外にも、デジカメ、シャープ、文庫本・・・等々です。

問題はバックをどこに置くか、です。

たまたま本の片付けをしていて、本棚に空きができました。
そこに置こう!!!
帰宅したらそこにバックを置く。

これだと思いましたね。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<天春さんのランチ | 三保小次郎日誌 | Macは人生の一部>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。