国民は「決められない政治」を選択してきた
2012-11-21 Wed 14:54
決められない政治に追い込んだのは誰か。
民主党か、自民党か。
政党でなれば、有象無象の政治家たちだろうか。

抜けられない袋小路に自ら入り込んだのは国民自身だ。

1989年の参院選以降、くり返し衆参をねじった。
衆が決めても、参が否決する。
多数決原理が働かない。

今の混迷、失われた二十年を作・演出したのは我々国民だ。

責任を政党、政治家だけに転嫁し、自らが選択したことを忘れている。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<天竺徳兵衛新噺(てんじくとくべえいまようばなし) | 三保小次郎日誌 | 京都、遣らずの雨>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |