楽しき人生はラブソングから
2012-10-28 Sun 09:54
邦題は『楽しき人生』。
原題は、『楽しい人生 즐거운 인생(チュルゴウン インセン)』だそうだ。
「き」と「い」との違いがどこにあるか、考えてみたが、微妙すぎて分からない。

湖面のように安定した水面がかなたへ途切れなくつづくことか。

サーファー、トレーダーのごとくより大きな波動に挑むことか。

「楽しい」と「楽しき」は、そのわずかなディファレンスによって、人生の静的側面と動的側面を思い起こさせる。



監督は『王の男』のイ・ジュニク、主演も燕山王の狂気を演じたチョン・ジニョン。
学生ロックバンド活火山のリーダーの葬式で再会したメンバー。
リーダーの息子を加えバンドを再結成する。

はかないもの、それは青春、バンド、ロックンローラ。

結婚生活も、社会人生活も、何もかもが途上の中年男たち。

「僕は失ってしまったんだ ずいぶん前に
青い空の下 燃えていた僕を..
もう立ち上がって
僕の夢探して行くよ
世の中に投げられた僕の心
息を殺したまま飼い慣らされてきたんだ」

短髪のチャン・グンソクは一等魅力的だった。
ロックの何が魅力か?
「い」と「き」の、しちめんどくさい人生を、気持ちよくラブソングにかえてしまうこと。

「歌うんだ
楽しい僕の人生よ
最後まで歌うよ 僕は君に向けて
僕は狂ったように叫ぶんだ
これがまさに僕の楽しい人生

どんな誰より大切な
まさに君! まさに僕だよ
最後まで歌うよ 僕は君に向けて
僕は狂ったように叫ぶんだ
これがまさに僕の楽しい人生
君がいて僕は幸せなんだ」

[注]「楽しき人生」の歌詞の翻訳は、“Annyo〜♪韓国ドラマOST&K-POP歌詞和訳”から引用いたしました。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<一輪挿し漆 | 三保小次郎日誌 | 一段と磨きがかかってきた山之内尚さんの献立>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |