タブレット、スマートフォン、ネットブックなんかいらない
2012-09-08 Sat 13:37
タブレット、スマートフォン、ネットブックに否定的な考えをもっています。

iPhone4は半年ですてましたし、ネットブックはいつのまに持ち歩くことはなくなりした。
それでもポメロは使っています。
総じて性急な時代の流れからは「遅れて」いていることを良しとしています。

365日、セコセコした端末をたたいてもスキルは身につきません。
若者であれば、あるほどムダな時間です。
僕はデスクトップバソコンで、ファイルを一つひとつ仕上げることがスキルの蓄積に必須のプロセスだと感じています。


四十代のはじめおぼえたことが三つあります。

ウエイト・トレーニング
パソコン
CAD

100%現役ではありませんが、仕事の質は現役とかわらないと自負しています。

六十半ばでも仕事ができることがいちば伝えたいことです。

スキルと体力がなければ飽き飽きするような生活を送っていると思いますから。


パソコンをリアルに使う・1ー汎用度と修得難易度ー

パソコンをリアルに使う・5ーなんでも3Dー

最後のPC派

年末の妄想
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<湿生花園、公時神社、「ピカソとポーラ美術館の絵画」、萬岳楼 | 三保小次郎日誌 | パソコンと職業寿命、ギルドと職人>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |