スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
単調な2027年の日々
2012-08-30 Thu 21:06
“Extintion Timeline*1950-2050”という、1950年から2050年までに世の中から消えるもの一覧表を見つけた。

様々なモノや事の“predicted death date”(予測される死の日付)が時間軸に沿ってプロットされてある。

2027年に関心がある。
それは僕が死ぬ予定年だからだ。
父の寿命もそうだったし、日本男子の平均寿命とも一致している。

そこには、5つのモノと事があげられていた。

lunch(ランチ)
craftspeople(職人)
FM radio(FMラジオ)
inheritance tax(相続税)
intimacy(親交)

その3年前にはAMラジオ、デスクトップパソコンが消える(と予測されている)。
老年になったらテレビは廃棄処分して、ラジオを聞こうと思っていた。
そして、あれこれなくしてもパソコンは僕の手慰みになってくれるだろうと考えていた。

それがなくなったらたぶん退屈になるだろう。

それにランチタイムのない生活は単調だ。

そう思うと寿命もいいところにさしかかるものだと妙に感心した。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 生老病死 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<塩辛、ミモレット、酒、眠り | 三保小次郎日誌 | 人生のダウンサイジング>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。