スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
異常金利って、異常に低い金利のことだろ
2012-08-15 Wed 07:52
異常金利と見出しをつけるから、問題がはっきりしなくなる。

“異常金利 世界で連鎖
北欧国債もマイナス・米社債の利率最低 信用力で選別
〈2012/8/14付 日本経済新聞〉

内実は低金利だ。
世界中の金利が低迷している。
bloomberg.co.jpの「金利/債券」をクリックすれば、各国のデータが出てくる。

10年日本国債  0.8%
10年米国債   1.74%
10年ドイツ国債 1.47%
・・・


1

儲からなくなったのである。
儲け先がなくなってきた。

むすがしくいえば利潤率が低下した。
投資先がなくなった。
つまり資本主義が音をあげはじめたということだ。

10年国債すなわち長期金利は利潤率の代理変数と考えることができる。
先々利潤率があがっていくなら、金利も応分にいただくことになる。
見込みがないから利子率を下げ使ってもらえるよう金利を誘導する。

これが効かなくなっている。
日本は慢性的低金利だし、アメリカも日本化した。
そして世界中が「異常金利」に陥っている。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<白濁しない記憶 | 三保小次郎日誌 | 男前、なでしこ>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。