スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
真夏もポトフ
2012-08-11 Sat 14:56
伊調馨の記事があった。
オリンピック二連覇の後、カナダのカルガリーに留学した。
「カルガリー大で英語を学び、世話好きな姉が作る野菜のたくさん入ったポトフを毎日のように食べた。」とある。

むろん格闘技のためではない。

一日十三品目をとるには適した料理で、自然とポトフ中心の食事体系になった。

1

とくに生野菜を大量にとるのはむずかしい。
ドレッシングに頼っていると、カロリーはバカにならない数値になる。
旬の野菜をつかって自己流ポトフをつくる。

肉を変え、缶詰の魚をくわえ、年間を通して手に入るキャベツ、ジャガイモ、豆類を中心に、適当に野菜をかえる。

わかめキノコたまごを加えると、
十三品目のうちブルー表示の10品目がとれる。
穀物類・豆豆製品・牛乳乳製品・・果物・海草類・キノコ類・イモ類・緑黄色野菜・淡色野菜・油脂・魚介類・肉類

日によって出汁もかえる。

夏メニューは朝食が果物オンリー。
昼食に五穀米ご飯一膳と、ポトフを食べている。
毎日ポトフ、真夏もポトフである。

いぜんは温野菜であったが、電子レンジで調理できるから、もっぱら自分で料理する。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<さらに遠くへ飛ぶには、助走しなければいけない | 三保小次郎日誌 | 友永遠へ去る>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。