スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
電力九社株主総会から見える日本国支配のネットワーク
2012-06-28 Thu 09:15
昨日、電力九社は株主総会を開き、脱原発提案をすべて、いっせいに否決した。

脱原発の株主提案すべて否決 東電、実質国有化を決定
脱原発 広がる支持 全議案否決 でも 関電は「賛成」17%

市民のまともな意見が堂々否決される。
なぜこんな異常な事態がまかり通るのか?
なぜ毎年毎年こうした逆行(ぎゃっこう)をくりかえすことができるのか?

少数者が多数者を支配するカラクリがあるからだ。
少数者の意見を多数者の意見に見せかけるカラクリがあるからだ。
大企業が互いに株式の一部を所有し合う、「株式持合い」日本式株式会社制度がそれだ。

下表「東京電力の大株主(上位10名)」を見てほしい。

東電以外の電力八社の株主構成も同様に完ぺきな「株式持合い」のネットワークの中にある。
それは少数者の利益を押し通すための、少数者支配のためのネットワークだ。
保険会社・銀行は人様から集めた資金をもって株式を持合い、支配のネットワークの中核をになっている。


保険会社・銀行が小分けにして株式を持合うことで成り立つ、支配者たちの互助会だ。
少数者が多数者を支配するための互助会だ。
意志は一つ、日本国を少数者の意思をもって支配しつづけること。

来年も脱原発提案は否決されるだろう。

支配のネットワーク、日本国支配の互助会をつぶさないかぎり、多数者である日本人の未来はつぎつぎと蹂躙(じゅうりん)されていく。

1
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<ちいさん | 三保小次郎日誌 | 六十四歳の肉体は初体験>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
昨日、電力九社は株主総会を開き、脱原発提案をすべて、いっせいに否決した。脱原発の株主提案すべて否決 東電、実質国有化を決定脱原発 広がる支持 全議案否決 でも 関電は「... …
2012-06-28 Thu 23:35 まとめwoネタ速neo
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。