スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
パソコンをリアルに使う・2ーエディタ五つの性能ー
2012-06-06 Wed 23:45
テキスト・エディタは手軽で使い出のある、エンピツのような存在です。
パソコン上で一番お世話になっているツールなのに、思いのほかその特性は知られていません。
ましてこのツールを徹底して使い込もうなどと発想する者も少なくなっているようです。

それは扱うのがもっぱらテキストだけ、という素朴なアプリだからでしょう。

きっと、誤解されているのです。

テキスト・エディタの役割は、文章を書くことが主目的ではありません。
プレゼンの前に原稿が、原稿の前には発想があるのです。
これをどうすばやく取っ捕まえるか。

テキスト・エディタは、発想と原稿・プレゼンをつなぐ要です。


これがサクサク動くから、発想が消滅しない瞬間に定着し、アイデアを誕生させるのです。

テキスト・エディタのもっている性能から考えてみましょう。

テキスト・エディタは、以下に記した五つの性能をそなえています。

1.速効性能
これに気づいたら、手放せなくなります。なぜなら、思い付いたことから書きはじめて、何時でも、何処でも、仕事に着手できるからです。

2.瞬発性能
もっぱらテキストを入力することに機能をしぼっていますから、軽くて、速い操作が持ち味です。テキスト打ち込みは、思考速度にはるかに劣ったスピードでは頼りにはなりません。

3.推敲性能
人に見せないなら、汚い字も表現の粗雑さも気にならないはずです。何度でも書き直しをゆるしてくれ、気楽に書きかえできるのが持ち味です。ペーパーに手書きでは前を残して推敲するほどに、性能は劣化します。

4.データベース性能
数ヶ月といわず、何年も書きためたすべてのメモから、ボリューム検索機能が一枚のメモ書きを発見してくれます。あらかじめ検索のためのキーワードを登録する必要などありません。メモの集積は、検索機能の使い方しだいで、オリジナル・データベースになります。

5.論文性能
メモから、論文やエッセー時には詩がうまれます。フォルダの活用によって、情報の構造化をはかりながら、効果的に作文をつくるのは、エディタのもっともとくいな技です。

エディタを手なづけることで活用法は広がります。
テキスト・エディタによるフォルダ式長文作成法は、いっそう進んだ使い方のひとつです。
エディタのサクサクした五つの性能を利用して、論文(長文)作成にも活用しましょう。

ちなみに僕が使っているのは、Jedit X Rev.2.32です。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<原発事故の最終責任は誰もとれない | 三保小次郎日誌 | パソコンをリアルに使う・1ー汎用度と修得難易度ー>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
テキスト・エディタは手軽で使い出のある、エンピツのような存在です。パソコン上で一番お世話になっているツールなのに、思いのほかその特性は知られていません。ましてこのツール... …
2012-06-09 Sat 05:55 まとめwoネタ速neo
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。