そば処竹酔さん
2012-05-22 Tue 20:42
蕎麦にこだわりはない。
まずいのはわかるが、うまいのはピンがなさそうだから評価できない。
今日は昼食で、小田急町田駅南口を出てすぐの、そば処竹酔にはいる。

こじんまりとした店で、こんでいなければ落ち着ける。

女将が気が利いてて、気が置けない。
軽く一杯やるにもいい。
中高年にはこうした店は希少価値だ。

かけそばと小天丼に、香の物と筍の煮物がついたのをたのんだ。

チャチャっと食べたら、お茶を入れ直してくれた。
それがいい頃合いで、一杯引っ掛けたい気分だが、胃痛で数日すぐれないからひかえた。
おさまったら夕方独り酒に来よう。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<自分がかしましく忙しいと言い立てはじめた | 三保小次郎日誌 | 奔放なる気品ー光琳の魅力ー>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
蕎麦にこだわりはない。まずいのはわかるが、うまいのはピンがなさそうだから評価できない。今日は昼食で、小田急町田駅南口を出てすぐの、そば処竹酔にはいる。こじんまりとした店... …
2012-05-23 Wed 03:26 まとめwoネタ速neo
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |