何か地殻変動のような大きな変化が起きている
2012-05-19 Sat 16:44
大和の骨董市に出かけるのは昨年の秋口以来になるだろう。

一時間半ほどブラブラし、腹ごしらえにいつもの蕎麦屋へむかった。

ない、店がない。

「天春さん?暮れに店じまいしましたよ。」

骨董市の日にきまって蕎麦をいただいていた。
夏はビール、冬は熱燗つけて。
いつも客が一杯だった。

こっちは、こんでいた印象しか思い浮かばない。
だから店じまいと聴き、狐につままれたよう。
いや、いきなりたぬき(そば)をとりあげられたような気分だ。

しかしうっかりしていたのはこちらのほうかもしれない。
骨董市の日は中高年がおしよせるのだから、こんでいて当たり前。
ふだんはどうだったか。

地元の老舗蕎麦屋がやはり昨年閉店したことは以前書いた。

なけなしの知恵

3.11以降何かが変わってきた。
それが何であるか、はっきりつかんだわけではない。
地元の老舗とはいえ、たかだか蕎麦屋がつぶれたことを大げさに考える必要はないのかもしれない。

頭のすみに仮説をおいて、面識した事実と向き合う他ないのだろう。

「何か地殻変動のような大きな変化が起きている」
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:1 | ∧top | under∨
<<ヒリヒリするような成功の刺激 | 三保小次郎日誌 | 変化、くり返すものと戻らないもの>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
大和の骨董市に出かけるのは昨年の秋口以来になるだろう。一時間半ほどブラブラし、腹ごしらえにいつもの蕎麦屋へむかった。ない、店がない。「天春さん?暮れに店じまいしましたよ …
2012-05-20 Sun 08:20 まとめwoネタ速neo
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |