トレーニングが飽きたら新知識を入れる
2012-04-21 Sat 12:02
飽きっぽい性分ですから、トレーニングは嫌いなはずです。
ところがメニューを変えると、トレーニング自体はつづけることができます。
方法は緩んできたら研究する、その種の本や雑誌を読むことです。

ストレッチ 
バランスボール・トレーニング 
シャドーボクシング 
自重ウエイト・トレーニング
股割り体操
階段昇降トレーニング
ハルメソッド・ストレッチ
はやおき健康体操

バーベルを捨てダンベルを捨て、重いものは自重だけだと心得、トレーニングしています。
理想は「風のような身のこなしで人生を楽しむことのできる体を持つ」ことです。
七十歳になった自分がそうあるには、自分に取り入って、ごまかしごまかしトレーニングを継続することだと思っています。

たとえばストレッチの内容に飽きてくると、TARZAN、マッスル&フィットネスといった雑誌をくくります。
良さげな箇所は切り抜いてファィルしてあります。
それらに関する本はいつの間にか数十冊になっていますから、まるで健康オタクの読みあさりのように見えてしまいそうです。

ですが、ただの蓄積です。

直近で読んだ(観た)のは、森 俊憲『DVDつき へやトレ』です。
へやトレの実践家としては多分僕の方が先輩でしょうが、
一つ二つ知らないエクササイズがあり、取り入れたいと思います。


DVDつき へやトレ―ジム以上の効果を約束する1日5分~の自宅筋トレ オールカラー!!DVDつき へやトレ―ジム以上の効果を約束する1日5分~の自宅筋トレ オールカラー!!
(2011/07/06)
森 俊憲

商品詳細を見る



関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<17時以降は飲む、出歩く、寝る | 三保小次郎日誌 | THRIVE>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |