THRIVE
2012-04-20 Fri 15:36
Y君から電話があった。
彼はいつも僕に新しい情報をもたらしてくれる。
一方僕は彼のもたらす情報に対し斜にかまえ、半ば拒否するように聞き流していた。

そう、いつものようにそれは陰謀史観のようでうさんくさく感じるし、オカルトぼかった。

それでも映画“THRIVE”を二時間観つづけた。

自分の中に根を張った「常識」を取り除くことはむずかしい。
フクシマで学んだことは、徹底的にすり込まれた「常識」を見直すことだったはずだ。
“THRIVE”で疑問がうまれた。

“THRIVE”に対する疑問ではない。

エネルギー問題が金融資本や国家権力、支配の問題に深く関わっていることだ。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<トレーニングが飽きたら新知識を入れる | 三保小次郎日誌 | 初期費用が百分の一で済むー『福島第一原発ー真相と展望』2ー>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |