ミマツの鶏カツカレー
2012-04-07 Sat 15:31
設計中の敷地を見に行った。

相武台駅南口から10分、十数回敷地を見に行っている。
そのたびに想像力が刺激される。
凡庸な才能も、土地から鼓舞され、何ものか産み出すことができると信じている。

かにがさわ公園の桜が開花していた。
土曜日で、お花見に大勢がきていた。
桜祭りコンサートの演奏が聞こえてきた。

桜並木の下を散歩しながら、敷地へいくのは楽しい。

1

狭いうえに、三方が家に囲まれた敷地。
形状も広さもめぐまれているとはいえない。
が、駅からわずか十分のところに、自然に育まれた環境はえがたい。

この土地を活かすも殺すも設計者次第だ。

帰り道、ミマツにはいる。

数年ぶりだ。
鶏カツカレーをたべた。
親子でやっている。

玉葱の甘みが鶏カツを包んだ、極上のカレーだ。

高血圧、胆石、痛風と一通り体験しているから、揚げ物はできるだけさけてきた。
一年をとおし一度も口にしない時期もあった。
おいしかった分、余裕をもって夕食を調整しよう。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<我が九条 | 三保小次郎日誌 | 集会デモと日本国憲法第21条>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |