早起きは三文の徳2
2012-03-25 Sun 12:18
九時前に旅館を出た。
十一時まで温泉につかってのんびりするのもいいのだろうが。
二十日に開園された箱根湿性花園へむかった。

「ミズバショウ咲く」の便りは聞いていたが、春まだ浅く、開花そのものを期待してはいない。

絵画もそうだが、くり返し観ることで鑑賞眼のようなものを養ってきた。
同じように、萬岳楼へ毎月来るようになって、開園が待ち遠しかった。
湿性花園はスカスカで広々して見える。

この季節からはじめ、年間を通して湿性花園を楽しもうというのが計画である。

といっても途方にくれた、一見したところ「咲いてない」状態だから。

そんなとき「ご案内しましょうか」と声をかけられた。

箱根湿生花園のボランティアガイド馬場さん。
約二時間、馬場教室の生徒。
一つ聞くたび、教えることが楽しそうにお話になる。

歩くうちに人も増え十人ばかりがつらなった。

まだ咲き頃とはいえない季節の芽吹き。
翌月にはどう大地は変化していることか。
毎月の訪問を楽しみにしたい。

箱根湿生花園で撮った写真は以下のとおり。
*間違っていたら教えてください。

フクジュソウ
カタクリ
ナニワズ
コウホネ
ネコヤナギ
エゾリンドウ
ミズバショウ
ザゼンソウ

1

2

3

4

5

6

7

8



関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<去らない原発危機にあって必要なのは一次情報 | 三保小次郎日誌 | 早起きは三文の徳1>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |