スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
はじめにプランあり
2012-03-13 Tue 14:16
考えるはじめに目的(プラン)を置く。
あるいは、何事か始めるときにプランからスタートする。
そういった意識を持つようになったのはドラッガーの著書を読むようになってからです。

1

PDSサイクルについては、様々にイメージ図が描かれています。
が、どれも僕のイメージとはわずかですが違っています。
Plan(計画)→Do(実行)→See(評価)のサイクルをまわす、というのは共通認識として定着しています。

ポイントは、See(評価)→Plan(計画)です。
See(評価)→Plan(計画)との間になにか新しいものが加わる、一工夫するのだと考えています。
1サイクルから第2サイクルへと飛び移るときに、「飛躍」というか、「新機軸(イノベーション)」が起きる(おこす)わけです。

これが第3、第4サイクルへとつながっていくイメージです。
See(評価)→Plan(計画)の「飛躍」を何度も何度もくり返す。
ひとサイクルの「飛躍」は小さいかもしれませんが、凡人でもこれを回すことで、くり返すことで大きな「飛躍」が起こると考えています。

これがPDSサイクルの本当の意義だと考えています。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<あの津波は地球半径の30万分の一以下だった | 三保小次郎日誌 | 発作>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。