スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
都会のなかにも「田舎」ができる
2012-03-01 Thu 13:39
「田舎暮らしをする」という友人に相談された。
「止めとけよ」と口に出そうになった。
いきなり結論から切り込んだらかえって引っ込みがつかなくなるだろう。

酒の肴で回り道・・・。

「伊豆の河津で別荘生活をしたことがあるが、都会と違い居酒屋もこじゃれたスナックもレストランもない。喫茶店、本屋、ブックオフ、図書館、食堂、映画館、ナイナイずくし。」
「スーパーは高いし、品揃えもわるい。」
「交通の便が悪い。」

「ボケるぞ。」
「ボケそうだな。」
「インフラがないから、無趣味のお前には地獄だ。」

そうおどかすと黙った。

田舎に行くほど暮らしは大変だ。
それは距離と比例し、少子高齢化社会の進捗にも比例する。
限界集落の出現とともに、限界団地、いずれ限界マンションが出てくる。

都会のなかにも「田舎」ができる。

オダザガよりは相模大野、町田。
町田より新宿、渋谷。
渋谷よりは恵比寿、麻布十番・・・。

「安いしうまい。」
「そんなものかね。」
「歳取ったら都会にかぎる。」

友人いわく、「しかしね、都会の中の田舎は本当の田舎よりイヤだね。」
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 進歩のいらないライフスタイル | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<トレードの全過程を首尾一貫した思想で管理すること | 三保小次郎日誌 | ドローダウンの話>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。