ポジションが現実観を養います
2012-02-24 Fri 14:35
レバレッジをかけた日経225先物やFX(外国為替証拠金取引)から手を引いたことはすでにブログに書いたとおりです。
取引保証金(証拠金)を積み、レバリッジをきかせたトレーディングはバクチです。

「臆病なお金」

ミセス・ワタナベの悪夢

それでもドル円相場が20カ月移動平均線(80円45銭前後)を超えてきたら、レバレッジゼロの外貨預金(ドル預金)で、中期的なトレーディングをしてみたいと思っています。
ソニー銀行に口座を持っていますから、ドル預金はクリック一つです。

ポジションをもってから、下落すればチャートで判断し損切りします。
20カ月移動平均線のうえを這うように上昇していけばそのまま持ちつづけます。
レバレッジゼロですから、損切りしても数%のことです。

わずかでもポジションを持っていると、感覚が研ぎすまされます。
現実観が養われます。
もうけが出ればそれは余録です。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 半能の神お金 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<あっさりドル/円は20ヶ月移動平均線を抜いてきた | 三保小次郎日誌 | 節目にさしかかった円相場の底流にある変化>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |