萬岳楼の飯(めし)
2012-02-03 Fri 23:24
萬岳楼の献立は、食事に至って気持ちもほぐれ、ほっとため息がもれる。

一月「しなのがゆ、もち、小松菜、あられ」

めし

舌といおうか、口腔が記憶する。
口から胃の腑にまとわりつくように記憶している。
ご飯が無限のバリエーションをもっていること。

「大根飯、汁、香々」
「白海老天丼、汁、香々」
「ひつまぶし、汁、香々」
「百代米、栗、胡麻、赤出汁、香々」
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<豪徳寺のゆうべ | 三保小次郎日誌 | キンキの潮鍋>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |