スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ポメラニストの誕生
2012-02-01 Wed 22:00
アマゾンでポメラDM20を買った。
ストレート型キーボードの新ポメラ「DM100」は却下。
W250ミリの折りたたみ式キーボードを選択した。

全体寸法も気に入った。
約W145×D100×H33mm、どこでも持ち運びできる(た)。
重さも約370g(乾電池別)と申し分ない。

由良拓也モデルで、専用ケースもいらない。

アマゾンで、¥13,952。

1

書くことしかできないワープロ専用機をはじめて手にしたのは、キャノワードα10。
二十四、五年前になる。
当時はフロッピーディスク2DDに保存した。

ポメラは本体メモリとmicroSDカードにテキストを保存できる。

数時間書きつづけることもあるが、充分だ。

パソコン機能が剥奪されている。
CM通りだ、「インターネットもできません」
書くことにかえって専念できる。

集中力がつく(ように感じる)。

残る問題はiMacとの相性。
メーカーはMac OS非対応。
USBケーブルでつないでから数十秒待たされたが、ポメラ上のテキストを認識、保存もOK。

テキストエディットバージョン 1.5 (244)でテキスト編集し、ポメラとの互換性を確かめた。

まったく問題なく、つかえた。
旅先にポメラを持ち歩いたが、快適だった。
車中でもつかえた。

キーボードが打ちやすい。
茶店で気分転換の読書は生活の一部となっているが、ポメラによって出先で書くことが楽しめる。
ポメラニストになって、生活の拡張が存分にできそうだ。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<キンキの潮鍋 | 三保小次郎日誌 | 『25歳からのひとりコングロマリットという働き方』はやらずぶったくり>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。