新春
2012-01-01 Sun 10:13
まだ誰も起きてきません。
午前三時に帰宅した次男、前夜祭で花○さんの御節をさかなに酔いつぶれた長男。
静かなものです。

1

お雑煮を肴に「水芭蕉」
ほんのりと甘みがのどごしに残ります。
お雑炊に合う希有な日本酒です。

2

お雑煮は短冊切りした大根、ぜんまい、干瓢、椎茸を煮干しの出汁と醤油で煮たものです。
それを焼いたお餅にかけます。
汁はほとんどありません。

お餅二個と一合半ですっかりお正月気分です。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<『沈まぬ太陽』アゲイン | 三保小次郎日誌 | 2011年「一行日記」保存>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |