カイジ2
2011-12-01 Thu 13:45
シリーズ物は多かれ少なかれ処女作の焼き直しです。
主人公八尾の朝吉役の勝新太郎を観たくて、すべては観ていませんが、『悪名』シリーズ全16作がかかるたびに映画館に通ったものです。
筋立ては水戸黄門が代りばえしないように、不動の勧善懲悪です。

朝吉親分が弟分のモートルの貞(田宮二郎)とつるんで悪党を懲らしめる。

伊藤カイジの最大最強ライバルのはずの一条(伊勢谷友介)は、当たれば10億円以上稼げるというモンスターマシーン「沼」に敵役を奪われ、演技は帳消しにされていました。
マシーンの前をうろちょろする小悪党にしか見えません。
残念でした。

なんといっても藤原竜也です。
伊藤カイジです。
彼を観たくって映画館に行く。

利根川幸雄(香川照之)はリアリティーたっぷりの悪党で、よだれが出ました。

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<濠端のある町ー志賀直哉と松江ー | 三保小次郎日誌 | プロとアマの境にある桃源郷>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |