トレーニング法のカイゼン
2011-11-25 Fri 13:27
加齢にしたがって、筋トレは疲労感との戦いになる。

バーベルをダンベルにかえた。
できるだけ自重中心にした。
バランスボールを筋トレの軸にした。

工夫をしないとつづかない。

今回はストレッチを半々にわけた。
そのあいだに筋トレをサンドイッチにした。
わずかなことだが、カイゼンは気持ちを新たにさせてくれる。

ストレッチに三四十分かけ筋肉を伸ばす時間は心地いいが、自己満足の日は別にやればいい。

それぞれ十五分から二十分。
ストレッチタイムを分け、筋トレと一体にした。
ウォーム・アップとクール・ダウンの役割をもたせた。


疲労感が違った。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<母「家に帰りたい。家に帰る」と。 | 三保小次郎日誌 | 小出裕章氏が語る福島原発事故の核心>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |