平均給与、女性の42.7%が年収二百万円以下
2011-11-17 Thu 16:40
9月、国税庁から発表された「平成22年分 民間給与実態統計調査-調査結果報告-」。
「調査結果の概要」29ページに、ざっくり上から下へ目をとおす。
二つの事が目立っていた。

一つは10年前に比べ平均給与は約49万減ったこと。

1

そして1年を通じて勤務した女性給与所得者数は1,823万人で、内777万人(42.7%)が年収二百万円以下であること。

2
*図表はクリックで拡大します
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<定期講習はすべての国家資格者の義務に | 三保小次郎日誌 | 次の人生へゆるりと踏み出そう>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |