次の人生へゆるりと踏み出そう
2011-11-16 Wed 17:11
高田直芳『財務諸表読解入門』を読み終えた。
氏の著書は三冊になる。
他に『高田直芳の実践会計講座 「戦略会計」入門』、『高田直芳の実践会計講座 戦略ファイナンス』を読んでいる。

四年前に、二級ファイナンシャル・プランニング技能士の資格をとったが、それ以降も継続的に学習を重ねて来た。

専門的に考えられるかどうかがポイント。
恒産(資産及び資産形成)のマネジメントは、他人任せ、専門家まかせにはできない。
自分で考え実行してこそ、やりがいも喜びも段違いだ。

ファイナンスをふくめ、継続学習は三つだ。

・VectorWorksによる空間造形力
・Excelを使い実務に裏打ちされたファイナンス力
・書く力を支えるポイント・レビュー力

年間を通し、毎日三つのどれか一つの分野を継続学習している。
知的労働者が現役でいるためには、スキルを磨き、鍛えるのは必須。
単なる趣味をこえた喜楽がある。

年齢は障壁にはならない。
やった分確実に能力は向上する。
諸能力を増幅するツールを備えていれば、第二か第三かはわからないが、次の人生をゆるりと踏み出せる。


企業の経営戦略を決算書から見抜く 「財務諸表」読解入門企業の経営戦略を決算書から見抜く 「財務諸表」読解入門
(2011/01/20)
高田 直芳

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 道具・方法は知の増幅装置 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<平均給与、女性の42.7%が年収二百万円以下 | 三保小次郎日誌 | 関東大震災と東日本大震災>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |