スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
「志賀直哉全集」のこと
2011-11-10 Thu 14:48
作家の全集を初めてかったのが、昭和48年から発行が始まった岩波版「志賀直哉全集」だった。
菊判で美しい装丁だが、重い。
数十年も書庫の奥に眠っていた。

なぜ志賀直哉だったのか、今となってはその時の気持ちを思い出せない。

先年、せめて小説の完成稿は読みたいと思った。
どうしてそんな気になったのかは分からないが、
仕残しの一つも片づけておきたいと考えるのは歳のせいだろう。

第三巻短編の過半まではすすみ、第五巻の『暗夜行路』が見えてきた。

重たいのがいけない。
外に持ち出したり、旅にもっていける重量ではない。
短編はコピーしてポケットに入れていけるが、全集を裂いて分冊にする勇気がない。

『暗夜行路』は文庫に持ちかえて読むつもりだ。

小説を読みきったら、随筆や日記なんかも読みたくなるだろうか。

だがそれはまだ先きの話だ。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 読書趣味おしゃれに旅健康 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<白子千年漬 | 三保小次郎日誌 | なけなしの知恵>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。