スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
空中職人
2011-09-30 Fri 16:48
先日の台風で屋根の棟板金が飛びました。

矩勾配(かねこうばい)といって、45度の傾斜ですから、登っていくことができません。
屋根足場が必要です。
棟は亜鉛鉄板ですが、屋根足場代に取付け費用の数十倍かかりそうです。

不合理ですが、放っておけば雨漏りです。

3

瓦屋のMさんとは親子二代の付き合いです。
二度三度と来ては思案がつかないらしく、帰っていきます。
雪止めに垂木を渡し、それに梯子を引っ掛け登っていく案も出ましたが、職人として得心がいかなかったようです。

2

今日は四回目の訪問でした。
「妻側から棟にあがって、棟の峰をほふく前進といきましょう。幸いにも二階ベランダがありますから、そこに梯子をかければ棟にあがれます。」
で、写真のとおりの次第となりました。

1

関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 事実データ&思考 | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<『陸と海と―世界史的一考察』 | 三保小次郎日誌 | 水野和夫『終わりなき危機』ノート6>>
この記事のコメント
∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
∧top | under∨
| 三保小次郎日誌 |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。